看護師の転職時期!

看護師5年目は、熟れ始めの時期でもあり、採用する側からも扱いやすく歓迎してもらえる可能性が高いです。スキルや知識もあり、自信がないわけでもなく、ベテランのように自信満々で過信がある状態でもないので、転職を受け入れる側からしても、理想的な人材と言えます。

看護師としての癖や過信が少ないというのは、それだけ、同じ職場で長く働ける可能性を示唆しています。経験があって素直さを持ち合わせている5年目の看護師は、即戦力になることができ、受け入れ側も喜んでくれるので、転職には絶好のタイミングなのです。

やはり、5年以下で転職してしまうとまだ経験不足ということも考えられるので看護師の生活をなどしっかりとライフスタイルを考えた転職がいいでしょう。クリニックにするのか?病院にするのか?自分のスキルを磨くために救命救急などの現場に行くのかを選ぶべきでしょう!

看護師による在宅看護とは?

在宅看護とは、患者の自宅で看護を行ことをいいます。看護師の役割は、病院と患者のかけ橋となり、患者のライフスタイルに合った看護を提供することです。医師の指示に従い、色々な医療処置や洗髪、入浴等の介助など患者によって様々な仕事があります。病院とは違い、必要な備品が揃っていないのも在宅看護の特徴です。

家庭であるもので代用しなければならず、何で代用するかを見極める判断力が重要となります。患者の体調を看ることも、もちろん必要です。観察力・洞察力を必要とし、見誤る事は患者の生命にも関わりかねません。見誤ることは、医師に状況をしっかり伝えられないからです。

コミュニケーション能力も重要で、患者や患者家族の不安に思うことなどを組みとり、安心やリラックスを与えることも大事です。経験の浅い看護師よりは、経験をしっかり積んだ看護師の方が安心出来ると言えるでしょう。柔軟な対応が出来る看護師はとても重要となります。

病気であっても、患者らしいライフスタイルで生活することを手助けする看護師は、在宅患者にとって心休まる存在となるのです。